安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 大日本帝国の崩壊

大日本帝国の崩壊 25

大日本帝国の崩壊

帝国崩壊に至ると思いもせず、なぜ人々は戦争を支え続けたか。メディアの役割などを探り〈戦争の時代〉を国民意識の視点から考える

著者 山室 建徳
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本の時代史 > 近代
出版年月日 2004/06/01
ISBN 9784642008259
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

大日本帝国の崩壊………山室建?/満洲国の実験………塚瀬 進/映画に描かれた前線と銃後………伊藤暢直/決戦下国民生活の変容………板垣邦子/戦争と技術発展―総力戦を支えた技術―………沢井 実

このページのトップへ

内容説明

西欧文明の「優等生」から、「問題児」へ突如変貌した日本。当時の人びとは、帝国崩壊に至るとは思いもせずに、なぜこれを受け容れて戦争を支持したのか。この謎に迫るために、国民生活の様相やメディアの役割を探り、さらには満洲国統治や技術発展の実情を検討して、近代戦を支えた仕組みを追究。国民意識の視点から〈戦争の時代〉を考える。

このページのトップへ

関連書籍

日本陸軍の対ソ謀略

日本陸軍の対ソ謀略

新視点で実態を再考し、戦略的関係に迫る。

著者:田嶋 信雄
 
戦争とファシズムの時代へ

戦争とファシズムの時代へ 5

デモクラシーはいかにして潰えたのか

著者:河島 真
 
 
総力戦のなかの日本政治

総力戦のなかの日本政治 6

総力戦の時代とは何だったのか?

著者:源川 真希
 
近衛文麿

近衛文麿 282

人気取り政治家と言われてきた通説を見直す

著者:古川 隆久
 
 
アジア・太平洋戦争辞典

アジア・太平洋戦争辞典

戦後70年。あの戦争とは何だったのか?

 
昭和史をさぐる

昭和史をさぐる

一次史料で読む昭和史のターニングポイント

著者:伊藤 隆
 
 
幕僚たちの真珠湾

幕僚たちの真珠湾

彼らはなぜ無謀な戦争に踏み切ったのか?

著者:波多野 澄雄
 
「大東亜共栄圏」の経済構想

「大東亜共栄圏」の経済構想

審議会の答申と作成過程を分析し実態を解明

著者:安達 宏昭
 
 
ポツダム宣言と軍国日本

ポツダム宣言と軍国日本 20

太平洋戦争の敗因を分析し、教訓を探る

著者:古川 隆久
 
稲の大東亜共栄圏

稲の大東亜共栄圏 352

品種改良の歴史にひそむ、科学的征服の野望

著者:藤原 辰史
 
 
日本軍事史年表

日本軍事史年表

約5000の項目から、戦争と平和を学ぶ!

 
山本五十六

山本五十六 264

日本連合艦隊司令長官。“名提督”の実像!

著者:田中 宏巳
 
 

このページのトップへ