安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 戦後改革と逆コース

戦後改革と逆コース 26

戦後改革と逆コース

戦後改革は日本をどう変えたのか。ナショナリズム復活の現象=「逆コース」はなぜ生じたか。現代日本誕生の道筋を探る。

著者 吉田 裕
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本の時代史 > 現代
出版年月日 2004/07/01
ISBN 9784642008266
判型・ページ数 A5・358ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

戦後改革と逆コース…吉田 裕
復員―軍人の戦後社会への包摂―…木村卓滋
家族法の改正―戦時および戦後―…早川紀代
サンフランシスコ体制論―日本の再出発と日米鏡像関係の成立―…三浦陽一
戦後の大衆文化…大串潤児
総評労働運動の時代…赤堀正成

このページのトップへ

内容説明

敗戦の混乱のなか、日本は新たな歩みを始める。戦後改革はこれまでの日本をどのように変えたのか。そして、1940年代末から始まった、ナショナリズム復活の現象=「逆コース」がいかにして生じたのか。また、復員 兵士の社会復帰や女性の動員と解放、未決の戦争責任問題、この時代特有の労働運動や大衆文化など、戦後社会の黎明期を描き出す。

このページのトップへ

関連書籍

ふたつの憲法と日本人

ふたつの憲法と日本人 450

日本人にとっての“改憲”を問う必読の書!

著者:川口 暁弘
 
自衛隊史論

自衛隊史論

創設60年の歴史を辿り、軍事の役割を問う

著者:佐道 明広
 
 
消されたマッカーサーの戦い

消されたマッカーサーの戦い

なぜマッカーサーレポートはつくられたのか

著者:田中 宏巳
 
Q&Aで読む日本軍事入門

Q&Aで読む日本軍事入門

日本の平和と安全を考えるための格好の手引

 
 
占領から独立へ

占領から独立へ 1

講和と安全保障をめぐる戦後8年を描く

著者:楠 綾子
 
「改革」政治の混迷

「改革」政治の混迷 5

「改革」の時代はいつまで続くのか

著者:佐道 明広
 
 
日本軍事史年表

日本軍事史年表

約5000の項目から、戦争と平和を学ぶ!

 
石橋湛山論

石橋湛山論

「未完の可能性」を示した、その魅力に迫る

著者:上田 美和
 
 
高度成長と沖縄返還

高度成長と沖縄返還 3

自由民主党の「黄金時代」を描き出す

著者:中島 琢磨
 
大国日本の政治指導

大国日本の政治指導 4

経済大国日本を体現した7名の宰相を分析

著者:若月 秀和
 
 
独立完成への苦闘

独立完成への苦闘 2

吉田茂・鳩山一郎・岸信介らの苦闘を追う

著者:池田 慎太郎
 
米軍基地の歴史

米軍基地の歴史 336

起源から「普天間」まで、徹底的に解明!

著者:林 博史
 
 

このページのトップへ