安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 岐路に立つ日本

岐路に立つ日本 28

岐路に立つ日本

日本はどこへ向かうのか。平成大不況、構造改革、学級崩壊…。混迷の現代をさぐる。

著者 後藤 道夫
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本の時代史 > 現代
出版年月日 2004/09/01
ISBN 9784642008280
判型・ページ数 A5・358ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

岐路に立つ日本…後藤道夫
日本経済の転換…海野八尋
日本型雇用・年功賃金の解体過程…木下武男
現代日本の女性…木本喜美子
受験競争から教育競争へ―企業社会下の教育問題―…中西新太郎
小国主義政治の歴史的終焉…渡辺 治
農村と都市の変貌…進藤 兵・大門正克
現代日本のナショナリズム…吉田 裕

このページのトップへ

内容説明

1990年代半ばから、日本社会は大きく変貌する。構造改革」の名のもと、「専守防衛」の転換をはじめ、日本型雇用の縮小再編成や社会福祉の大リストラといった、戦後日本の土台を揺り動かす事態が一斉に生じた。また、家族の空洞化や学級崩壊、グローバリズムの進展など、経済成長型社会から転換する分かれ道に立つ現代日本のゆくえを探る。

このページのトップへ

関連書籍

「改革」政治の混迷

「改革」政治の混迷 5

「改革」の時代はいつまで続くのか

著者:佐道 明広
 
日本軍事史年表

日本軍事史年表

約5000の項目から、戦争と平和を学ぶ!

 
 
高度成長と沖縄返還

高度成長と沖縄返還 3

自由民主党の「黄金時代」を描き出す

著者:中島 琢磨
 
大国日本の政治指導

大国日本の政治指導 4

経済大国日本を体現した7名の宰相を分析

著者:若月 秀和
 
 
独立完成への苦闘

独立完成への苦闘 2

吉田茂・鳩山一郎・岸信介らの苦闘を追う

著者:池田 慎太郎
 
 

このページのトップへ