安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 奈良時代医学史の研究

奈良時代医学史の研究

奈良時代医学史の研究

透徹した史眼と鋭敏な医学への観点から究めた、斯学の権威による畢生の大著。

著者 服部 敏良
ジャンル 日本歴史
シリーズ オンデマンド版 > 日本医学史の研究〔オンデマンド版〕
出版年月日 2007/06/01
ISBN 9784642009102
判型・ページ数 A5・334ページ
定価 本体14,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

緒論/仏教の医学に及ぼせる影響/外来文化の医学に及ぼせる影響/奈良時代に於ける医事及び医療制度/奈良時代に於ける医学の奨励及び救療事積の一端/病理論/疾病論/治療法/万葉集及び風土記に現われた医学事項/結論

このページのトップへ

内容説明

斯学の権威による畢生の大著、待望のオンデマンド化。透徹した史眼と鋭敏な医学への観点から、奈良より江戸時代まで厖大な史料を縦横に駆使して、全5冊総3千ページに見事に結実。初めてなった日本医学史の綜合研究は、臨床の医学博士にして史学をも究めた、半世紀の研鑽を積む著者の独壇場であり、各界絶賛の不朽の名著として、他に凌駕するものがない。

このページのトップへ

関連書籍

漢方

漢方

知っておきたい漢方の効用と処方の選び方

著者:石原 明
 
江戸時代医学史の研究

江戸時代医学史の研究

斯学の権威による畢生の大著。

著者:服部 敏良
 
 
奈良時代医学史の研究

奈良時代医学史の研究

斯学の権威による畢生の大著。

著者:服部 敏良
 
平安時代医学史の研究

平安時代医学史の研究

斯学の権威による畢生の大著。

著者:服部 敏良
 
 
鎌倉時代医学史の研究

鎌倉時代医学史の研究

斯学の権威による畢生の大著。

著者:服部 敏良
 
室町安土桃山時代医学史の研究

室町安土桃山時代医学史の研究

斯学の権威による畢生の大著。

著者:服部 敏良
 
 

このページのトップへ