安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 史料による日本の歩み 古代編

史料による日本の歩み 古代編

史料による日本の歩み 古代編

日本古代を正しく理解するに役立つ基礎的な文献を収録。有史以降、院政期前に至る史料300余点を体系的に編成。

著者 井上 光貞
関 晃
児玉 幸多
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 古代史
出版年月日 1960/01/01
ISBN 9784642010061
判型・ページ数 A5・422ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

歴史の史料は広範多岐にわたり、かつ難読・難解のものが多い。これら史料・原典を自由に利用し得る便宜は、専門家にのみ限られ、初心者には殆んど望むべくもない。そこで安心して誰でも利用できる正確・便利な史料集の刊行が望まれる所以である。本書はこの要望に応え、多数専門学者の協力によって編まれたもので、信頼度の高い史料としてテキスト・入門書に最適である。

このページのトップへ

関連書籍

近世史研究遺文

近世史研究遺文

六十余年に及ぶ不朽の学問体系を集大成

 
新版 史料による日本の歩み 近世編

新版 史料による日本の歩み 近世編

重要史料260余点を体系的に編成

 
 
史料による日本の歩み 中世編

史料による日本の歩み 中世編

武士勃興から室町時代まで700余点を収録

 
史料による日本の歩み 近代編

史料による日本の歩み 近代編

近代社会の芽生え~現代まで300余点収録

 
 

このページのトップへ