安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 花押かがみ 7

花押かがみ 7

南北朝時代3

花押かがみ 7

東大史料編纂所が明治以来蒐集した花押を整理編纂した本格的花押集

著者 東京大学史料編纂所
ジャンル 日本歴史 > 古文書学
出版年月日 2006/06/01
ISBN 9784642010184
判型・ページ数 その他・規格外・310ページ
定価 本体5,800円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

【主な収載人物】
中御門光任/日輪/尊胤法親王/細川繁氏/和田茂実/仁木頼章/藤原宗範/白河伊俊/山内資綱/楠木正近/筑後経尚/洞院公賢/花山院兼信/徳大寺公清/清原良兼/橘知任/荒木田泰朝/仁木頼夏/佐竹義篤/細川清氏/武田信武/冨樫用家/大友氏泰/伊達貞綱/畠山直顕/勧修寺経方/畠山国清/岡崎範国/今川氏兼/島津貞久/賀茂宗平/能勢頼澄/海老名詮頼/伊勢宗貞/佐分利康棟/平経久/宇都宮詮綱/上杉朝顕/長尾景忠/光厳天皇/小早川実義/一条経通/小笠原政長/今川範氏/熊谷直経/千葉氏胤/梶原景良/上杉朝憲

このページのトップへ

内容説明

延文4年/正平14年(1359)から応安七7/文中3年(1374)まで、光厳天皇、足利義詮、洞院公賢、頓阿など367名の花押を収録。武士の比率が高まり、峨山韶碩などの禅僧や有力武将奉行人の花押が増える。

このページのトップへ

関連書籍

花押・印章図典

花押・印章図典

古より使われたサインとはんこ約2400点

 
姓氏・家紋・花押

姓氏・家紋・花押

古文書読解の要点が学べる格好の入門書!

著者:荻野 三七彦
 
 
正倉院文書と古代中世史料の研究

正倉院文書と古代中世史料の研究

学界に多大な貢献をなした著者の足跡を集成

著者:皆川 完一
 
花押かがみ 8

花押かがみ 8

永和元年/天授元年~明徳3年/元中9年

 
 
花押かがみ 3

花押かがみ 3

建長元年より嘉元3年まで

 
花押かがみ 4

花押かがみ 4

徳治元年より元弘3年まで

 
 
花押かがみ 6

花押かがみ 6

1348年から1358年まで

 
 

このページのトップへ