安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本仏教史辞典

日本仏教史辞典

日本仏教史辞典

仏教の歴史と思想の〈精髄〉を読み解く。総項目4700余―仏教史辞典の決定版

著者 今泉 淑夫
ジャンル 宗教史
宗教史 > 辞典・事典
出版年月日 1999/10/01
ISBN 9784642013345
判型・ページ数 B5・1238ページ
定価 本体20,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

仏教伝来から千数百年、その思想は日本人の自然観・世界観に大きく寄与し、日本文化の形成にもはかり知れない影響を与えてきた。本辞典は、日本の仏教を理解するための4700項目余を厳選し、確かな研究成果を盛り込み懇切平易に解説。連綿と受け継がれてきた日本仏教の歴史とその思想の精髄を提示した仏教史辞典の決定版。巻末に詳細な索引付。

このページのトップへ

関連書籍

事典 古代の祭祀と年中行事

事典 古代の祭祀と年中行事

“祭祀”は何のためいかに行なわれてきたか

著者:岡田 荘司
 
日本の梵鐘(新装版)

日本の梵鐘(新装版)

〈梵鐘研究の金字塔〉待望の復刊!

著者:坪井 良平
 
 
観音・地蔵・不動

観音・地蔵・不動

なぜ人の願いにもっとも応えられたのか

著者:速水 侑
 
畜生・餓鬼・地獄の中世仏教史

畜生・餓鬼・地獄の中世仏教史 460

殺生の善悪を探り、中世人の思考を紐解く

著者:生駒 哲郎
 
 
室町期顕密寺院の研究

室町期顕密寺院の研究

東寺と東大寺は政治・社会にどう対応したか

著者:西尾 知己
 
如来教の成立・展開と史的基盤

如来教の成立・展開と史的基盤

新宗教の嚆矢とされる如来教の出自を解明

著者:神田 秀雄
 
 
日本仏塔の研究(全2冊)

日本仏塔の研究(全2冊)

様々な形態と役割、蔵品、材料などを解説

著者:石田 茂作
 
日蓮

日蓮

残された手紙や著作から生涯や思想を読解

著者:田村 芳朗
 
 
總持寺の歴史<増補新版>

總持寺の歴史<増補新版>

近年までの記述などを新たに加え平易に編集

 
事典 日本の仏教

事典 日本の仏教

日本人は仏教をどう理解し実践してきたのか

著者:蓑輪 顕量
 
 
仏教伝来の研究

仏教伝来の研究

仏教が日本文化の形成に果たした役割を解明

著者:吉田 一彦
 
飛鳥・白鳳仏教史

飛鳥・白鳳仏教史

国家仏教はいかに誕生したのかを追及する

著者:田村 圓澄
 
 
近世の仏教

近世の仏教 300

近世はほんとうに儒教の時代だったのか?

著者:末木 文美士
 
奈良古社寺辞典

奈良古社寺辞典

奈良・大和路を知り、古代を旅する辞典!

 
 
日本仏教史 古代

日本仏教史 古代

多数の写真を配し、平易に叙述した入門書

著者:速水 侑
 
日本仏教史 中世

日本仏教史 中世

多数の写真を配し、平易に叙述した入門書

著者:大隅 和雄
中尾 堯
 
 

このページのトップへ