安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 家族史の方法

家族史の方法 1

家族史の方法

家族史の諸問題を知るための理論や論争・現在の家族の基本問題に取組んだ論考を収録。新たな家族像を構築する

著者 佐々木 潤之介
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 女性史・ジェンダー・家族史
シリーズ 日本史 > 日本家族史論集
出版年月日 2002/05/01
ISBN 9784642013918
判型・ページ数 A5・386ページ
定価 本体6,300円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

家族が揺らぎつつある現在、さまざまな分野で家族の問題が取り上げられている。歴史学においてもー九八〇年代以降、家族史関係の研究が急激に増大し、それを通じて、祖先が営んだ家族のあり方を捉えなおし、新たな家族像の構築が望まれている。本巻には、家族史の諸問題を知るための理論や論争、およぴ現在の家族の基本問題に取組んだ論考を収めた。

このページのトップへ

関連書籍

教育と扶養

教育と扶養 10

家庭教育と介護問題を歴史に学ぶ。

著者:片倉 比佐子
 
親族と祖先

親族と祖先 7

墓と祖先祭祀、系譜の変遷にその意味を問う

著者:義江 明子
 
 

このページのトップへ