安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 家族史の展望

家族史の展望 2

家族史の展望

21世紀、家族はどこに向かうのか、家族史研究の新たな地平を拓く

著者 大日方 純夫
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 女性史・ジェンダー・家族史
シリーズ 日本史 > 日本家族史論集
出版年月日 2002/06/01
ISBN 9784642013925
判型・ページ数 A5・368ページ
定価 本体6,300円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

家族史の展望を切り拓くためには、豊富な研究蓄積を的確に把握することが不可欠である。そのうえで新たな視点と方法にもとづく挑戦が試みられなければならない。本巻は、膨大な研究史を鮮やかに整理して課題を提起した論文、従来の通念を揺るがす衝撃力をもって登場した論文を収録するとともに、現実の家族そのものの歴史的展望にも視線を注いだ。

このページのトップへ

関連書籍

教育と扶養

教育と扶養 10

家庭教育と介護問題を歴史に学ぶ。

著者:片倉 比佐子
 
親族と祖先

親族と祖先 7

墓と祖先祭祀、系譜の変遷にその意味を問う

著者:義江 明子
 
 

このページのトップへ