安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 家族と国家

家族と国家 3

家族と国家

21世紀、家族はどこに向かうのか、家族史研究の新たな地平を拓く

著者 佐々木 潤之介
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 女性史・ジェンダー・家族史
シリーズ 日本史 > 日本家族史論集
出版年月日 2002/07/01
ISBN 9784642013932
判型・ページ数 A5・368ページ
定価 本体6,300円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

国家は家族を前提とし、家族は国家によって規制されるから、国家と家族は不可分の関係にある。歴史学における従来の家族史の多くは国家・体制に関わるもので、また時代史や社会構造についての研究も、家・家族史に関わって論じられているものが少なくない。本巻は、国家が制度的・イデオロギー的に人民を編成する様相を主題とする論考を収めた。

このページのトップへ

関連書籍

教育と扶養

教育と扶養 10

家庭教育と介護問題を歴史に学ぶ。

著者:片倉 比佐子
 
親族と祖先

親族と祖先 7

墓と祖先祭祀、系譜の変遷にその意味を問う

著者:義江 明子
 
 

このページのトップへ