安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 家族と社会

家族と社会 4

家族と社会

21世紀、家族はどこに向かうのか、家族史研究の新たな地平を拓く

著者 坂田 聡
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 女性史・ジェンダー・家族史
シリーズ 日本史 > 日本家族史論集
出版年月日 2002/08/01
ISBN 9784642013949
判型・ページ数 A5・412ページ
定価 本体6,300円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

家族は独立して存在するわけではなく、それ自体が社会の一部分を構成する。戦後歴史学の重要な柱であった社会構成体論では、民衆の家族形態からその隷属や解放の実態を論ずることが多かったが、他方、中世社会や近世社会の基礎単位をなした家に関する研究も、かなりの量に及んでいる。本巻には、家族と社会の関わりに視点を向けた論文を収録した。

このページのトップへ

関連書籍

教育と扶養

教育と扶養 10

家庭教育と介護問題を歴史に学ぶ。

著者:片倉 比佐子
 
親族と祖先

親族と祖先 7

墓と祖先祭祀、系譜の変遷にその意味を問う

著者:義江 明子
 
 

このページのトップへ