安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近代史必携

近代史必携

近代史必携

黒船来航から防衛省発足まで、日本の近現代史を読み解く厖大なデータを収録。

著者 吉川弘文館編集部
ジャンル 日本歴史 > 辞典・事典・年表・地図
日本歴史 > 近現代史
出版年月日 2007/05/01
ISBN 9784642014380
判型・ページ数 菊判・500ページ
定価 本体4,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はしがき 目次・凡例 【基本資料編】新旧暦日対照表 付/干支の順位と読み方/外来語・外国人漢字表記/府藩県変遷図/祝日・記念日と近現代人の死没月日 【政治編】維新政府(三職/太政官制)/天皇側近(内大臣/宮内大臣/元老/元帥/侍従長/侍従武官/枢密院議長/枢密院副議長/枢密顧問官)/内閣(歴代内閣/第1次伊藤/黒田/第1次山県/第1次松方/第2次伊藤/第2次松方/第3次伊藤/第1次大隈/第2次山県/第4次伊藤/第1次桂/第1次西園寺/第2次桂/第2次西園寺/第3次桂/第1次山本/第2次大隈/寺内/原/高橋

このページのトップへ

内容説明

黒船来航から防衛省発足まで、日本の近現代史を読み解く上で必須の基本資料を精選・網羅し、一覧形式でデータ表示した近現代史便覧の決定版。政治・外交・軍事・植民地・経済・文化・宗教の広範囲にわたる資料、王政復古の大号令から大日本帝国憲法・日本国憲法の全文など三〇〇余項目を収録する。『日本史必携』とともに日本史研究に必備の書。

このページのトップへ

関連書籍

日本近代史を学ぶための文語文入門

日本近代史を学ぶための文語文入門

漢文訓読体を読み解く術を基礎から解説する

著者:古田島 洋介
 
昭和戦前期の宮中勢力と政治

昭和戦前期の宮中勢力と政治

政局に与えた影響から、天皇制の変遷を解明

著者:茶谷 誠一
 
 
日本史必携

日本史必携

便利な歴史百科。200余項目収録

 
 

このページのトップへ