安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 年中行事大辞典

年中行事大辞典

年中行事大辞典

日本人の暮らしに生きる年中行事のすべて。最大の本格的大百科誕生!

著者 山田 邦明
長沢 利明
高埜 利彦
加藤 友康
ジャンル 日本歴史 > 辞典・事典・年表・地図
民俗学 > 辞典・事典
出版年月日 2009/03/01
ISBN 9784642014434
判型・ページ数 その他・規格外・1000ページ
定価 本体28,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

古代から現代まで日本列島各地でくり返されてきた年中行事。宮中・公家・武家・寺社や民衆の中から生まれ、時代とともに姿を消しあるいは姿を変え引き継がれてきた。歴史と生活のなかに息づく多彩な3100の行事を、歴史・美術・民俗学などの最新成果を取り入れ、豊富な図版を駆使して平易に解説。日本文化を読み解く〈年中行事〉百科の決定版。

このページのトップへ

関連書籍

江戸の親子

江戸の親子

近世の親子関係と子育ての実態に迫る

著者:太田 素子
 
中世京都と祇園祭

中世京都と祇園祭

最大の「都市の祭」と支えた町衆たちを描く

著者:脇田 晴子
 
 
日本史を学ぶための〈古代の暦〉入門

日本史を学ぶための〈古代の暦〉入門

古代の暦の知識が身につくとっておき入門書

著者:細井 浩志
 
ユネスコ無形文化遺産 壬生の花田植

ユネスコ無形文化遺産 壬生の花田植

豊穣を田の神に祈る行事の起源と変遷に迫る

 
 
知っておきたい 日本の年中行事事典

知っておきたい 日本の年中行事事典

七草・花祭り…行事にこめられた願いとは?

 
日本古代の年中行事書と新史料

日本古代の年中行事書と新史料

新出の書物・逸文を多数紹介。新論点を提示

著者:西本 昌弘
 
 
祇園祭

祇園祭 309

華やかな祭が現代まで続いてきた源流を探る

著者:川嶋 將生
 
暦と天文の古代中世史

暦と天文の古代中世史

暦の史料的意義を問い、人びとの心性を探る

著者:湯浅 吉美
 
 
日本人の生活文化

日本人の生活文化

年中行事や人生儀礼の本来の姿を解き明かす

著者:菅原 正子
 
 

このページのトップへ