安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 対外関係史辞典

対外関係史辞典

対外関係史辞典

日本は世界とどう関わってきたのか。邪馬台国から幕末まで、2000余項目を豊富な図版とともに詳細・平易に解説。

著者 田中 健夫
石井 正敏
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 辞典・事典・年表・地図
出版年月日 2009/02/01
ISBN 9784642014496
判型・ページ数 1016ページ
定価 本体25,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

四方を海に囲まれた日本は、古来、東アジアをはじめ広く海外と様々な交流を行ってきた。邪馬台国から幕末まで、一八〇〇年間の対外関係に関わる二〇〇〇余項目を、豊富な図版とともに詳細・平易に解説。グローバル化が進む現代において、日本文化の成り立ちや諸地域との関係を歴史的に考えるために必備の辞典。便利な参考文献と索引を付載する。

このページのトップへ

関連書籍

開国前夜の世界

開国前夜の世界 5

一艘の英国船の漂着から始まる〈開国〉の道

著者:横山 伊徳
 
東アジア世界の成立

東アジア世界の成立 1

日常的往来~政治的交渉まで、世界との交流

 
 
明治外交官物語

明治外交官物語 280

黎明期の日本外交を切り拓いた人びとの奮闘

著者:犬塚 孝明
 
幕藩制国家と東アジア世界

幕藩制国家と東アジア世界

江戸幕府の外交政策とは。寄港地長崎に注目

著者:木村 直樹
 
 
対外関係史研究のあゆみ

対外関係史研究のあゆみ

新しい視座から対外関係史研究の歴史を総括

著者:田中 健夫
 
 

このページのトップへ