安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 飛鳥藤原京木簡 1

飛鳥藤原京木簡 1

飛鳥池・山田寺木簡

飛鳥藤原京木簡 1

飛鳥池遺跡を中心に、飛鳥池東方遺跡、山田寺跡から出土した計1464点を収める正報告書。

著者 奈良文化財研究所
ジャンル 日本歴史
考古学 > 発掘調査・報告集
出版年月日 2007/08/01
ISBN 9784642019712
判型・ページ数 B4・116ページ
定価 本体18,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

(総説)第一章 序言・・・ 第二章 木簡出土の遺構・・・ 第三章 飛鳥池遺跡南地区出土木簡と工房・・・ 第四章 飛鳥池遺跡北地区出土木簡と飛鳥寺・禅院 (釈文)飛鳥池遺跡南地区出土木簡・・・ 飛鳥池遺跡北地区出土木簡・・・ 飛鳥池東方遺跡出土木簡・・・ 山田寺跡出土木簡・・・ 木簡番号・図版プレート・旧報告書番号 対照表・・・ 索引・・・ 英文目次・・・ 英文要約・・・  

このページのトップへ

内容説明

古代寺院が甍を並べ、大王宮が継続的に営まれるなど、かつて日本の政治の中心地であった飛鳥・藤原地域。発見された厖大な木簡のうち、富本銭など各種工房跡として注目を集める飛鳥池遺跡を中心に、飛鳥池東方遺跡、山田寺跡から出土した計一四六四点を収録。高画質の高精細印刷を駆使し、全容を再現した待望の正報告書。詳細な別冊「解説」付。

このページのトップへ

関連書籍

ここまでわかった飛鳥・藤原京

ここまでわかった飛鳥・藤原京

いにしえの都の実像に迫る古代史研究最前線

 
飛鳥と古代国家

飛鳥と古代国家 2

激動する国際情勢の中で形成された古代日本

著者:篠川 賢
 
 
文化財学の新地平

文化財学の新地平

多岐にわたる分野の研究員による83編収録

 
都はなぜ移るのか

都はなぜ移るのか 333

動く都から動かない都へ…。その転換に迫る

著者:仁藤 敦史
 
 
平城宮第一次大極殿院跡 本文編・図版編(全2冊

平城宮第一次大極殿院跡 本文編・図版編(全2冊

永年の発掘成果と高精細印刷で全容に迫る

著者:奈良文化財研究所 編集・発行
 
飛鳥藤原京木簡 2

飛鳥藤原京木簡 2

藤原京木簡の正報告書。原寸大で完全復元

 
 
飛鳥・藤原の都を掘る

飛鳥・藤原の都を掘る

テクノポリス「飛鳥・藤原の都」が今甦る

著者:木下 正史
 
平城京木簡 2

平城京木簡 2

日本古代史研究に画期をなす第一級史料

 
 
平城京木簡 1

平城京木簡 1

日本古代史研究に画期をなす第一級史料

 
長屋王家・二条大路木簡を読む

長屋王家・二条大路木簡を読む

王家の生活や社会の実像を解明する

 
 
日本古代都城制の研究

日本古代都城制の研究

初期都城造営の通説を検討し歴史的意義探る

著者:井上 和人
 
 

このページのトップへ