安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 冠位制の成立と官人組織

冠位制の成立と官人組織

東アジア史の視点から

冠位制の成立と官人組織

日本古代史研究の成果を問う第一線の研究者による書き下ろしの力作

著者 若月 義小
ジャンル 日本歴史
シリーズ 日本史 > 古代史研究選書
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642021722
判型・ページ数 292ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

推古朝の冠位十二階は中央支配者集団の編成、国家組織の整備に何をもたらし、孝徳朝の冠位改定はなぜ必要とされ、律令国家体制への転換といかに関わるのか。朝鮮三国の官位制との比較を通してその解明を試みる。

このページのトップへ

関連書籍

地方官人たちの古代史

地方官人たちの古代史 386

〝お役人〟の仕事を紹介し、その活躍を描く

著者:中村 順昭
 
 

このページのトップへ