安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代を考える 邪馬台国

古代を考える 邪馬台国

古代を考える 邪馬台国

古代の知的冒険の旅へと駆り立て、新しい古代史像を構築する

著者 平野 邦雄
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 古代史
シリーズ 古代を考える
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642021883
判型・ページ数 322ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

日本史最大の謎=邪馬台国。さまざまな解釈を生む魏志倭人伝を、徹底した史料批判を通して問題点を整理し 学問の正道を示す。東アジアの情勢や代表的な遺跡・遺物の分析を踏まえ、混迷する論争に新たな指針を提示。

このページのトップへ

関連書籍

三角縁神獣鏡研究事典

三角縁神獣鏡研究事典

「卑弥呼の鏡」の最有力候補! 実像に迫る

著者:下垣 仁志
 
邪馬台国の滅亡

邪馬台国の滅亡 294

『記紀』から解き明かす新しい邪馬台国史!

著者:若井 敏明
 
 
邪馬台国と地域王国

邪馬台国と地域王国

病床で綴った渾身の邪馬台国九州説

著者:門脇 禎二
 
 

このページのトップへ