安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代を考える 稲・金属・戦争

古代を考える 稲・金属・戦争

弥生

古代を考える 稲・金属・戦争

弥生時代とは何か。稲作の伝播ルート、渡来人と在来人など、比較の観点から弥生社会に迫る。

著者 佐原 真
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 古代史
シリーズ 古代を考える
出版年月日 2002/01/01
ISBN 9784642021920
判型・ページ数 284ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

弥生時代とは何か。縄紋時代との違いは?。土器の研究が進むにつれてかえって難しくなっている。稲作の伝播ルート、渡来人と在来人、銅鐸と社会、武器と日本最初の戦争など比較という観点から弥生社会の本質に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

モノと技術の古代史 金属編

モノと技術の古代史 金属編

金属器文化はどのように発展したのか。

著者:村上 恭通
 
赤米のたどった道

赤米のたどった道

陰ながら日本を支え続けた“米”の歴史!

著者:福嶋 紀子
 
 
倭国のなりたち

倭国のなりたち 1

〝はじまり〟を描く、あたらしい古代史

著者:木下 正史
 
金属が語る日本史

金属が語る日本史 355

金属の分析から見えてくる歴史を探る

著者:齋藤 努
 
 
〈新〉弥生時代

〈新〉弥生時代 329

年代測定法の衝撃。弥生文化が大きく変わる

著者:藤尾 慎一郎
 
青銅器のマツリと政治社会

青銅器のマツリと政治社会

銅鐸・銅矛などマツリのシンボルを解明する

著者:寺沢 薫
 
 
農耕の起源を探る

農耕の起源を探る 276

最古の水田を発見! 最新の考古学が解明

著者:宮本 一夫
 
交流する弥生人

交流する弥生人 123

弥生人は国際人だった。その活力の源を探る

著者:高倉 洋彰
 
 

このページのトップへ