安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代を考える 終末期古墳と古代国家

古代を考える 終末期古墳と古代国家

古代を考える 終末期古墳と古代国家

方墳・円墳等の終末期古墳が営まれた背景に何があったのか。古墳消滅と古代国家誕生の謎に迫る。

著者 白石 太一郎
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 古代史
シリーズ 古代を考える
出版年月日 2005/03/01
ISBN 9784642021944
判型・ページ数 354ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

倭国の首長連合の象徴として、三〇〇年以上にわたって造り続けられてきた前方後円墳。六世紀末に一斉に終焉を迎え、それに代わって方墳・円墳や八角墳(はっかくふん)などの終末期古墳が営まれた、その背景に何があったのか。高松塚古墳やキトラ古墳、石室(せきしつ)と石槨(せっかく)、大化薄葬令(たいかはくそうれい)、被葬者問題、寺院との関わりなどを中心に、古墳消滅と古代国家誕生の謎に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

島国の原像

島国の原像

“楽しい考古学”の深層に迫る斬新な文明史

著者:水野 正好
 
古墳時代の生産と流通

古墳時代の生産と流通

遺物の素材・使用法を検討し技術伝播を追究

著者:和田 晴吾
 
 
藤原鎌足と阿武山古墳

藤原鎌足と阿武山古墳

貴重なX線写真から浮かぶ被葬者とその時代

 
東国から読み解く古墳時代

東国から読み解く古墳時代 394

上毛野地域を軸に時代の様相をリアルに再現

著者:若狭 徹
 
 
古墳時代の葬制と他界観

古墳時代の葬制と他界観

古墳づくりを含む葬送儀礼の実態!

著者:和田 晴吾
 
事典 墓の考古学

事典 墓の考古学

考古学的知見と発掘成果で、墓の歴史に迫る

著者:土生田 純之
 
 
古墳

古墳 319

なぜここまで巨大なのか。築造の背景に迫る

著者:土生田 純之
 
古墳時代の王権構造

古墳時代の王権構造

国家形成期の王権構造を考古資料から追究

著者:下垣 仁志
 
 
史跡で読む日本の歴史 2

史跡で読む日本の歴史 2

卑弥呼と大王の時代の実像を完全復元!

著者:岸本 直文
 
古代壁画の世界

古代壁画の世界 297

壁画はなぜ描かれたのか。図像の意味を検証

著者:百橋 明穂
 
 
大和古代遺跡案内

大和古代遺跡案内

発掘現場の息遣いが聞こえる。

著者:泉森 皎
 
日本古代の陵墓

日本古代の陵墓

陵墓とは何であり、どう造営されたか。

著者:堀田 啓一
 
 

このページのトップへ