安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代宮都の研究

古代宮都の研究

古代宮都の研究

文献史学の立場から、7~9世紀の飛鳥、平城京、長岡京、平安京など、宮都に関わる諸問題を克明に解明する。

著者 今泉 隆雄
ジャンル 日本歴史 > 古代史
出版年月日 1993/01/01
ISBN 9784642022712
判型・ページ数 A5・420ページ
定価 本体8,738円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

大きく進展する都城遺跡の発掘調査の成果を基礎に、文献史学の立場から、7~9世紀の飛鳥、平城京、長岡京、平安京など、宮都に関わる諸問題を克明に解明する。古代史ばかりでなく、考古学研究者にも有益な書。

このページのトップへ

関連書籍

古代国家の東北辺境支配

古代国家の東北辺境支配

構造と展開を解明。蝦夷社会の実像にも迫る

著者:今泉 隆雄
 
 

このページのトップへ