安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 聖徳太子伝の研究

聖徳太子伝の研究 1

聖徳太子伝の研究

精緻周到な古代史研究で学界に貢献した著者の遺業を集大成

著者 飯田 瑞穂
ジャンル 日本歴史 > 個人著作集
シリーズ 著作集 > 飯田瑞穂著作集
出版年月日 1999/12/01
ISBN 9784642022958
判型・ページ数 A5・490ページ
定価 本体15,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

聖徳太子伝に関わる論考を集成。天寿国?帳銘の復原をはじめ、『上宮聖徳太子伝補闕記』などの校訂に加え、様々な太子伝の変遷や相互関係を概観した諸論考を収める。 研究者のみならず一般読者にも資するところ大である。

このページのトップへ

関連書籍

飛鳥と古代国家

飛鳥と古代国家 2

激動する国際情勢の中で形成された古代日本

著者:篠川 賢
 
秦河勝

秦河勝 267

飛鳥時代を生きぬいた聖徳太子の側近の生涯

著者:井上 満郎
 
 
和国の教主 聖徳太子

和国の教主 聖徳太子 1

真の太子像と太子信仰を探る。

著者:本郷 真紹
 
聖徳太子と東アジア世界

聖徳太子と東アジア世界

「聖徳太子は実在しない」に反論!

著者:川勝 守
 
 
聖徳太子と飛鳥仏教

聖徳太子と飛鳥仏教 228

太子の仏教を世界仏教へと甦らせた入門書

著者:曾根 正人
 
〈聖徳太子〉の誕生

〈聖徳太子〉の誕生 65

聖徳太子論争を巻き起こした、革命的な1冊

著者:大山 誠一
 
 
聖徳太子

聖徳太子

推理や憶測を排し透徹の史眼で描く

著者:坂本 太郎
 
 

このページのトップへ