安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本古代史叢説

日本古代史叢説 5

日本古代史叢説

精緻周到な古代史研究で学界に貢献した著者の遺業を集大成

著者 飯田 瑞穂
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 個人著作集
シリーズ 著作集 > 飯田瑞穂著作集
出版年月日 2001/04/01
ISBN 9784642022996
判型・ページ数 A5・418ページ
定価 本体13,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

著者の広汎な知識と幅広い問題関心は、日本史全般に渉っている。太政官奏を始め、新井白石年譜や加賀藩校明倫堂などを取り上げた著作・余録・短編の他、「最澄の生年について」では、著者の学問・教育観がしのばれる。

このページのトップへ