安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 大化改新の研究 上

大化改新の研究 上 2

大化改新の研究 上

戦後の新しい古代史学を構築した「関史学」の全著作を集大成

著者 関 晃
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 個人著作集
シリーズ 著作集 > 関晃著作集
出版年月日 1996/01/01
ISBN 9784642023016
判型・ページ数 A5・386ページ
定価 本体7,200円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

著者の厳密な史料批判と精緻な考証に基づく大化改新研究の優れた成果が、戦後の古代史研究に多大な影響を与えてきたことはいうまでもない。本巻には、「大化改新史論」「改新の詔の研究」の名編ほか、今回新たに書き下ろした長編「新稿大化改新」などを収録し、著者の大化改新像を提示する。

このページのトップへ

関連書籍

天智天皇

天智天皇 287

中大兄皇子の名で知られる古代天皇の実像!

著者:森 公章
 
大化改新と蘇我氏

大化改新と蘇我氏 1

蘇我氏はなぜ滅ぼされたのか。真実に迫る!

著者:遠山 美都男
 
 
飛鳥と古代国家

飛鳥と古代国家 2

激動する国際情勢の中で形成された古代日本

著者:篠川 賢
 
古代国家と大化改新

古代国家と大化改新

日本古代史研究の成果を問う力作

著者:大山 誠一
 
 

このページのトップへ