安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代の帰化人

古代の帰化人 4

古代の帰化人

戦後の新しい古代史学を構築した「関史学」の全著作を集大成

著者 関 晃
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 個人著作集
シリーズ 著作集 > 関晃著作集
出版年月日 1996/01/01
ISBN 9784642023030
判型・ページ数 A5・438ページ
定価 本体8,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

著者によって、帰化人研究は初めて厳密な史料批判に基づく学問的なものとなり、古代史における帰化人の重要性が明らかになった。本巻は先駆的研究の「倭漢氏の研究」、最初の帰化人の通史で最も基本的研究として読み継がれてきた『帰化人』、また「新?姓氏録諸蕃之部」の帰化人の氏に関する研究を中心として、著者の帰化人に関する論著を網羅する。

このページのトップへ