安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 下巻之一

新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 下巻之一  新刊

新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 下巻之一

家康文書約3000点を収録した基礎史料集、待望の新装復刊。慶長6年(1601)~同19年の文書1047点を収録する

著者 中村 孝也
ジャンル 日本歴史 > 近世史
日本歴史 > 古文書学
出版年月日 2017/10/30
ISBN 9784642730495
判型・ページ数 A5・1002ページ
定価 本体25,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

第七篇 江戸在城の時代(下)(第一期 将軍就職以前/第二期 将軍在職中/第三期 将軍退職以後)/第八篇 再び駿府在城の時代

このページのトップへ

内容説明

将軍に就く直前から在職中、引退して駿府へ赴き大御所となるまで、慶長六年(1601)~同19年の文書1047点を収録。権威の上昇に伴い、家康自身が筆を執った書状は減り、側近に作成させた形式的な文書が増加する。

このページのトップへ

関連書籍

新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 下巻之二

新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 下巻之二

元和元~2年の文書182点、花押集等収録

著者:中村 孝也
 
新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 中巻

新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 中巻

天正18年~慶長5年の文書668点を収録

著者:中村 孝也
 
 
新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 上巻

新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 上巻

弘治2年~天正18年の文書934点を収録

著者:中村 孝也
 
新輯 徳川家康文書の研究

新輯 徳川家康文書の研究

家康研究に不可欠の文書を採録し解説する

著者:徳川 義宣
 
 
新修 徳川家康文書の研究 第2輯

新修 徳川家康文書の研究 第2輯

家康文書・参考文書計506点収録。解説付

著者:徳川 義宣
 
 

このページのトップへ