安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代木簡の研究

古代木簡の研究

古代木簡の研究

木簡の史料的特質と研究方法を明らかにし、木簡によって遺跡を解明すると共に、埋もれていた古代史の事実を発掘する。

著者 今泉 隆雄
ジャンル 日本歴史 > 古代史
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642023276
判型・ページ数 A5・570ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

木簡の活用なくして古代史は叙述できない。木簡の史料的特質と研究方法を明らかにし、木簡によって遺跡を解明すると共に、埋もれていた古代史の事実を発掘する。今後の研究に確かな指針を与え考古学にも必備の書。

このページのトップへ

関連書籍

日本古代木簡論

日本古代木簡論

どのような場面で作成・使用・廃棄されたか

著者:馬場 基
 
古代国家の東北辺境支配

古代国家の東北辺境支配

構造と展開を解明。蝦夷社会の実像にも迫る

著者:今泉 隆雄
 
 
韓国古代木簡の研究

韓国古代木簡の研究

東アジア文字文化の実像を捉え直す

著者:橋本 繁
 
 

このページのトップへ