安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代日本の対外認識と通交

古代日本の対外認識と通交

古代日本の対外認識と通交
著者 森 公章
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 古代史
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642023283
判型・ページ数 A5・386ページ
定価 本体7,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

古代日本の外交を、事大主義と日本中心主義という二重構造の対外観をキーワードに、天皇号の成立や対唐観・在日外国人観を解明。また、未聞拓の耽羅の歴史と外交政策を分析し、白村江会戦前夜の東アジア情勢を描く。

このページのトップへ