安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代朝鮮の国家体制と考古学

古代朝鮮の国家体制と考古学  新刊

古代朝鮮の国家体制と考古学

墳墓と葬制、土器様式、文書行政の開始、服飾など、発掘資料から国家体制を追究。考古学的な手法で鋭くアプローチした画期的な一冊。

著者 山本 孝文
ジャンル 考古学
外国歴史 > 東洋史
出版年月日 2017/11/15
ISBN 9784642081535
判型・ページ数 A5・328ページ
定価 本体10,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 韓半島三国時代における国家形成後の社会/百済・新羅墓制の変質と古墳築造の統制(古墳築造の変質と墓葬の制度化〈古墳築造の変質とその意味/墓葬制度成立の基準要素/服飾制度と墓葬制度の関係/中央政権による墳墓築造の規制/展望〉以下細目略/百済後期石室墳の階層構造と官制/新羅後期石室墳の階層構造と官制)/東アジアにおける土器様式の変化と文書行政(7世紀における土器様式の転換と社会変化/陶硯から見た文書行政の普及/百済陶硯の変遷と文書行政/新羅陶硯の変遷と文書行政/補論 文房具からみた文書行政の展開)/帯金具と服飾の画一化と身分表象(百済の帯金具と官制の整備/新羅の服飾関連遺物と官制/唐代腰帯具の導入から見た官制の伝統と変革)/終章 考古資料から見た古代国家の成熟と法制度

このページのトップへ

内容説明

三国時代の韓半島に流入した中国式の政治制度は、遺跡から出土する物質資料にどのように反映されているのか。墳墓と葬制、土器様式に現れた生活・祭祀の変化や文書行政の開始、服飾に反映された身分表象など、発掘資料から古代朝鮮の国家体制を追究。文献史学の研究対象だった古代の政治史に、考古学的な手法で鋭くアプローチした画期的な一冊。

このページのトップへ

関連書籍

朝鮮古代史料研究

朝鮮古代史料研究

朝鮮古代史料から東アジア世界の実像に迫る

著者:濱田 耕策
 
 
古代を考える 日本と朝鮮

古代を考える 日本と朝鮮

海峡を越えて繰り広げられた古代史の真実

著者:武田 幸男
 
 

このページのトップへ