安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 摂関政治と王朝貴族

摂関政治と王朝貴族

摂関政治と王朝貴族

政権構造の変遷と政策決定の経緯という二つのテーマを切り口にして、摂関期の権力と政治の実体に迫る。

著者 倉本 一宏
ジャンル 日本歴史 > 古代史
出版年月日 2000/06/01
ISBN 9784642023498
判型・ページ数 A5・396ページ
定価 本体8,200円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

政権構造の変遷と政策決定の経緯という二つのテーマを切り口にして、摂関期の権力と政治の実体に迫る。天皇と摂関とのミウチ関係を追究し、政策決定がどのような場において、またどのような人々によってなされたかを解明する。古記録を解読し、文学作品から史実を探り出すという手法を縦横に駆使して、新たな摂関政治像を再構築することを目指す。

このページのトップへ

関連書籍

現代語訳 小右記 1

現代語訳 小右記 1

藤原実資が綴った日記。平安宮廷社会が甦る

著者:倉本 一宏
 
摂関政治と地方社会

摂関政治と地方社会 5

中世への胎動の時代。新視点を交えて描く!

著者:坂上 康俊
 
 

このページのトップへ