安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 墨書土器の研究

墨書土器の研究

墨書土器の研究

古代の文字の始まりをはじめ、出土例を通して古代社会の実相を追究し、文字と言葉の関連に言及。

著者 平川 南
ジャンル 考古学
出版年月日 2000/11/01
ISBN 9784642023542
判型・ページ数 A5・548ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

各地から大量に出土する墨書土器。古代の文字の始まりをはじめ、膨大な出土例を通して古代社会の実相を追究し、文字と言葉の関連等に言及する。第一人者が広く研究方法確立の必要性を説き古代史研究に新指針を提示。

このページのトップへ

関連書籍

モノと技術の古代史 陶芸編

モノと技術の古代史 陶芸編

使い方を解明し、製作技術の工夫を描く

著者:小林 正史
 
律令国郡里制の実像 上

律令国郡里制の実像 上

越後国城制論、出羽国府論等から実像に迫る

著者:平川 南
 
 
律令国郡里制の実像 下

律令国郡里制の実像 下

里と村、地域支配と河川等から実像に迫る

著者:平川 南
 
 

このページのトップへ