安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 長屋王家・二条大路木簡を読む

長屋王家・二条大路木簡を読む

長屋王家・二条大路木簡を読む

長屋王家の生活や、光明皇后宮らに関連する木簡群から、王家の生活や社会の実像を解明する。

著者 奈良国立文化財研究所
ジャンル 日本歴史 > 古代史
日本歴史 > 古文書学
出版年月日 2001/03/01
ISBN 9784642023665
判型・ページ数 B5・372ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

平城京跡から発見された膨大な木簡群は、古代史にかつてない衝撃を与えた。これらは長屋王家の家政を中心とした貴族生活や、長屋王邸以後の光明皇后宮と藤原麻呂邸に関連するものとして多方面から注目されている。第一線の研究者が、様々な木簡を取り上げ、その機能や特徴を読み解き、長屋王家の生活や社会の実像を明らかにした研究成果の集大成。

このページのトップへ

関連書籍

韓国古代木簡の研究

韓国古代木簡の研究

東アジア文字文化の実像を捉え直す

著者:橋本 繁
 
文化財学の新地平

文化財学の新地平

多岐にわたる分野の研究員による83編収録

 
 
日本古代の寺院・官衙造営

日本古代の寺院・官衙造営

長屋王時代の地方政策を考古学から追究する

著者:須田 勉
 
平城宮第一次大極殿院跡 本文編・図版編(全2冊

平城宮第一次大極殿院跡 本文編・図版編(全2冊

永年の発掘成果と高精細印刷で全容に迫る

著者:奈良文化財研究所 編集・発行
 
 
平城京に暮らす

平城京に暮らす 288

飲食、労働、病気…。都に暮らす人々の姿

著者:馬場 基
 
飛鳥藤原京木簡 2

飛鳥藤原京木簡 2

藤原京木簡の正報告書。原寸大で完全復元

 
 
平城京木簡 3

平城京木簡 3

日本古代史研究に画期をなす第一級史料

 
平城京木簡 2

平城京木簡 2

日本古代史研究に画期をなす第一級史料

 
 
平城京木簡 1

平城京木簡 1

日本古代史研究に画期をなす第一級史料

 
飛鳥藤原京木簡 1

飛鳥藤原京木簡 1

日本古代史研究の画期をなす第一級史料

 
 

このページのトップへ