安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 正倉院文書整理過程の研究

正倉院文書整理過程の研究

正倉院文書整理過程の研究

正倉院文書は整理の際に原形が損なわれた。その過程を詳述し、いつ現状の形に変えられたか考察

著者 西 洋子
ジャンル 日本歴史 > 古代史
日本歴史 > 古文書学
出版年月日 2001/12/01
ISBN 9784642023702
判型・ページ数 A5・350ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

正倉院文書は、幕末から明治にかけて整理、成巻の際に原形が損なわれた。その過程を詳述し、明治期の写本・目録から、いつの時点で現状の形に変えられたかを考察。研究史料とする際に欠かせない原形の把握を試みる。

このページのトップへ

関連書籍

正倉院宝物と東大寺献物帳

正倉院宝物と東大寺献物帳

多種多様で国際色に富んだ宝物の性格を追究

著者:米田 雄介
 
正倉院文書研究 15

正倉院文書研究 15

諸領域から文書研究促進を図る。年1回刊行

著者:正倉院文書研究会 編集
 
 
律令制と正倉院の研究

律令制と正倉院の研究

公文書制度や駅伝制、正倉院の諸課題を考察

著者:柳 雄太郎
 
正倉院文書と古代中世史料の研究

正倉院文書と古代中世史料の研究

学界に多大な貢献をなした著者の足跡を集成

著者:皆川 完一
 
 
正倉院宝物の歴史と保存

正倉院宝物の歴史と保存

貴重な宝物を、保存・管理の実態から解明

著者:米田 雄介
 
正倉院文書と写経所の研究

正倉院文書と写経所の研究

内部構造や運営の実態を、新視点より検討

著者:山下 有美
 
 
正倉院文書事項索引

正倉院文書事項索引

物名語などを、生活・文化に即して分類配列

著者:関根 真隆
 
日本古代文書の研究

日本古代文書の研究

研究の現状と今後の可能性を提示

著者:杉本 一樹
 
 
写経所文書の基礎的研究

写経所文書の基礎的研究

写経事業の経過・財政などの全体像を提示

著者:山本 幸男
 
 

このページのトップへ