安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 飛鳥の文明開化

飛鳥の文明開化 12

飛鳥の文明開化

美術史の立場から仏教伝来と飛鳥寺の関連を解きほぐす。

著者 大橋 一章
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 古代史
オンデマンド版 > 歴史文化ライブラリー〔オンデマンド版〕
出版年月日 2017/09/29
ISBN 9784642754125
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

わが国最古の寺院―飛鳥寺。それは仏教という新文化の伝来により造営され、それまでの文化を一変させた象徴であり、飛鳥における文明開化のさきがけでもあった。美術史の立場から仏教伝来と飛鳥寺の関連を解きほぐす。

このページのトップへ

関連書籍

飛鳥・藤原の宮都を語る

飛鳥・藤原の宮都を語る

世界遺産登録を目指す「飛鳥・藤原」の魅力

著者:相原 嘉之
 
 

このページのトップへ