安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 道具と暮らしの江戸時代

道具と暮らしの江戸時代 64

道具と暮らしの江戸時代

家財道具を通して、暮らしや社会を再現。道具の徹底した利用の方法は、現代の物質万能主義の社会に警鐘を鳴らす。

著者 小泉 和子
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近世史
オンデマンド版 > 歴史文化ライブラリー〔オンデマンド版〕
出版年月日 2017/09/29
ISBN 9784642754644
判型・ページ数 4-6・220ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

江戸時代は、一般庶民まで生活が向上し、様々な日常生活の道具が生れ発達した。箪笥・樽・厨房具などの家財道具を通して、暮らしや社会を再現。道具の徹底した利用の方法は、現代の物質万能主義の社会に警鐘を鳴らす。

このページのトップへ

関連書籍

モノと技術の古代史 木器編

モノと技術の古代史 木器編

豊富な樹種を使い分けてきた知恵と技術

著者:宇野 隆夫
 
 

このページのトップへ