安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 正倉院と日本文化

正倉院と日本文化 49

正倉院と日本文化

正倉院の歴史を通して、宝物の魅力を探求

著者 米田 雄介
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 文化史・誌
オンデマンド版 > 歴史文化ライブラリー〔オンデマンド版〕
出版年月日 2017/09/29
ISBN 9784642754491
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

錦秋に開催される正倉院展は、古都奈良の風物詩として多くの人々を引付けてきた。人々を魅了する宝物を日本文化として正しく認識するために、正倉院と宝物の歴史を辿り、各時代の関心のあり方から歴史的意義を考える。

このページのトップへ

関連書籍

正倉院宝物と東大寺献物帳

正倉院宝物と東大寺献物帳

多種多様で国際色に富んだ宝物の性格を追究

著者:米田 雄介
 
古代国家と仏教美術

古代国家と仏教美術 1

古代仏教美術史にみる権力の継承を描く

 
 

このページのトップへ