安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中世の奈良

中世の奈良 50

都市民と寺院の支配

中世の奈良

中世では、寺院の衆徒と民衆は対立しながらも祭や芸能を一緒に営んでいた。宗教都市奈良の繁栄と人々の生活・行動を描く。

著者 安田 次郎
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 中世史
オンデマンド版 > 歴史文化ライブラリー〔オンデマンド版〕
出版年月日 2017/09/29
ISBN 9784642754507
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

中世の奈良では、支配する寺院の衆徒と、支配される民衆は、それぞれ自治組織を形成し、対立しながらも、金を融通する講や雨乞い、祭や芸能を一緒に営んでいた。宗教都市の繁栄と、そこに生きる人々の生活・行動を描く。

このページのトップへ