安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代駅伝馬制度の研究

古代駅伝馬制度の研究

古代駅伝馬制度の研究

駅伝馬制の機能と展開に迫り、政治的性格を解明。経営基盤のあり方に分析を加え、地方支配・民衆支配の視点から歴史的性格を探る。

著者 永田 英明
ジャンル 日本歴史 > 古代史
出版年月日 2004/01/01
ISBN 9784642023993
判型・ページ数 A5・350ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

日本古代の交通制度=駅伝馬制の研究は、律令国家の支配構造の解明に不可欠である。駅伝馬制の機能と展開に迫り、その政治的性格を解明。経営基盤のあり方に分析を加え、地方支配・民衆支配の視点からその歴史的性格を探る。考古学や歴史地理学との学際的な共同研究の必要性が求められる中、文献史学の方法論により古代交通制度を追究した意欲作。

このページのトップへ

関連書籍

古代国府の成立と国郡制

古代国府の成立と国郡制

地方官衙は、どのような意図で形成されたか

著者:大橋 泰夫
 
日本古代の交通・交流・情報 1

日本古代の交通・交流・情報 1

交通制度と実態を東アジアも視野に入れ解明

 
 
事典 日本古代の道と駅

事典 日本古代の道と駅

最新の成果で古代道路の全ルートが甦る

著者:木下 良
 
古代の交通

古代の交通 24

五畿七道制や駅馬伝馬制の沿革と実情を詳説

著者:田名網 宏
 
 
馬と人の江戸時代

馬と人の江戸時代 398

馬と人の営みから見える江戸社会

著者:兼平 賢治
 
律令制と正倉院の研究

律令制と正倉院の研究

公文書制度や駅伝制、正倉院の諸課題を考察

著者:柳 雄太郎
 
 

このページのトップへ