安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 平城京木簡 1

平城京木簡 1

長屋王家木簡 1

平城京木簡 1

日本古代史研究に画期をなす最重要史料。最新鋭の高精細印刷を駆使して、平城京跡出土木簡を集成するシリーズ

著者 奈良国立文化財研究所
ジャンル 考古学 > 発掘調査・報告集
出版年月日 1995/01/01
ISBN 9784642024013
判型・ページ数 B4・146ページ
定価 本体29,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

平城京跡の発掘調査が進行し木簡の出土が続くなか、 35,000余点にのぼる膨大な量の「長屋王家木簡」が発見された。奈良時代の貴族の生活を彷佛とさせるこの木簡群のもたらす情報は、日本古代史研究に画期をなす最重要史料である。奈良国立文化財研究所が総力を上げ、最新鋭の高精細印刷を駆使して、平城京跡出土木簡を集成する待望のシリーズ。

このページのトップへ

関連書籍

文化財学の新地平

文化財学の新地平

多岐にわたる分野の研究員による83編収録

 
日本古代の寺院・官衙造営

日本古代の寺院・官衙造営

長屋王時代の地方政策を考古学から追究する

著者:須田 勉
 
 
都はなぜ移るのか

都はなぜ移るのか 333

動く都から動かない都へ…。その転換に迫る

著者:仁藤 敦史
 
平城宮第一次大極殿院跡 本文編・図版編(全2冊

平城宮第一次大極殿院跡 本文編・図版編(全2冊

永年の発掘成果と高精細印刷で全容に迫る

著者:奈良文化財研究所 編集・発行
 
 
飛鳥藤原京木簡 2

飛鳥藤原京木簡 2

藤原京木簡の正報告書。原寸大で完全復元

 
平城京木簡 2

平城京木簡 2

日本古代史研究に画期をなす第一級史料

 
 
飛鳥藤原京木簡 1

飛鳥藤原京木簡 1

日本古代史研究の画期をなす第一級史料

 
平城京木簡 3

平城京木簡 3

日本古代史研究に画期をなす第一級史料

 
 
長屋王家・二条大路木簡を読む

長屋王家・二条大路木簡を読む

王家の生活や社会の実像を解明する

 
日本古代都城制の研究

日本古代都城制の研究

初期都城造営の通説を検討し歴史的意義探る

著者:井上 和人
 
 

このページのトップへ