安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中世惣村史の構造

中世惣村史の構造

中世惣村史の構造

中世後期村落の核心をなす惣村の成立・展開・構造を、農民闘争・灌漑(生産)・宮座(結合)、3つの基本的視点から本格的に論じる。

著者 黒田 弘子
ジャンル 日本歴史 > 中世史
シリーズ オンデマンド版 > 戊午叢書〔オンデマンド版〕
出版年月日 2017/10/01
ISBN 9784642725477
判型・ページ数 A5・370ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

中世村落史ないし惣村史研究は、近年再び盛んになりつつある。本書は、中世後期村落の核心をなす惣村の成立・展開・構造を、農民闘争・灌漑(生産)・宮座(結合)という三つの基本的視点から本格的に論じた意欲作。

このページのトップへ

関連書籍

中世の荘園経営と惣村

中世の荘園経営と惣村

経営の実態と地理的かつ領域的な構造を解明

著者:似鳥 雄一
 
 

このページのトップへ