安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 華族社会の「家」戦略

華族社会の「家」戦略

華族社会の「家」戦略

華族と改称された公卿・大名らは、明治初期いかに「家」の存続をはかったか。伝統貴族諸家の戦略を、制度史と家族史の両面から解明。

著者 森岡 清美
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日 2017/10/01
ISBN 9784642737388
判型・ページ数 A5・480ページ
定価 本体14,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

華族と改称された公卿・大名らが、明治初期の政治的大変革のなかで、どのように「家」の存続をはかったか。「家」の安泰をめざした伝統貴族諸家の戦略を、制度史と家族史の両面から、人情の機微にもふれつつ解明する。

このページのトップへ