安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 幕末維新史の研究

幕末維新史の研究

幕末維新史の研究

徳川幕府側において明治維新の政治過程を考察した力作。幕府の統一国家構想を究明しつつ、討幕派の形成に関する再検討も行なう。

著者 田中 彰
ジャンル 日本歴史 > 近世史
シリーズ オンデマンド版 > 日本史学研究叢書〔オンデマンド版〕
日本史 > 日本史学研究叢書
出版年月日 2017/10/01
ISBN 9784642736602
判型・ページ数 A5・386ページ
定価 本体13,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

維新変革の政治的主体を追究してきた著者が、その研究の軸足を徳川幕府側において明治維新の政治過程を考察した力作。幕府の統一国家構想を究明しつつ、討幕派の形成に関する再検討も行なう。幕末維新史研究の決定版。

このページのトップへ

関連書籍

幕末維新のリアル

幕末維新のリアル

第一線の研究者が読み解く維新論の最前線!

 
 

このページのトップへ