安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代豪族と渡来人

古代豪族と渡来人

古代豪族と渡来人

大規模な渡来人集団の分布が確認される近江を中心に、渡来氏族と渡来人の実像と諸活動を解き明かす。

著者 大橋 信弥
ジャンル 日本歴史 > 古代史
出版年月日 2004/11/01
ISBN 9784642024341
判型・ページ数 A5・436ページ
定価 本体10,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

第一編=大和政権と近江の古代豪族(再び近江における息長氏の勢力について/息長氏と渡来文化―渡来氏族説をめぐって―/鹿深臣氏について―甲賀郡の古代―/佐々貴山君の系譜と伝承/獣帯鏡がつなぐもの―武寧王陵・三上山下古墳・綿貫観音山古墳―)/第二編=近江の渡来氏族と渡来人(近江における渡来氏族の研究―志賀漢人を中心として―/依知秦氏の形成/安吉勝氏と大友日佐氏―蒲生郡の渡来氏族とその文化―/錦部寺とその造営氏族―南滋賀廃寺試論―)/第三編=律令国家と古代豪族(信楽殿壊運所について―天平末年の石山寺造営の背景―/甲賀山作所とその川津/十里遺跡出土の天武朝木簡について/近江の律令遺跡の諸問題)

このページのトップへ

内容説明

大陸や朝鮮半島からの人々の渡来や文化の伝播は、古代国家形成に重要な役割を果たした。大規模な渡来人集団の分布が確認される近江を中心に、渡来氏族と渡来人の実像と諸活動を解き明かす。また、大和政権とも深く関与する息(おき)長(なが)氏(し)や鹿(か)深(ふかの)臣(おみ)などの近江の古代豪族と渡来文化との関係や、志賀漢人や依(え)知(ち)秦(はた)氏(し)など渡来氏族との多様なかかわりを追究する。

このページのトップへ

関連書籍

古代豪族葛城氏と大古墳

古代豪族葛城氏と大古墳

畿内の最有力豪族の実態を考古資料から描く

著者:小笠原 好彦
 
古代豪族と武士の誕生

古代豪族と武士の誕生 360

古代史を貫く地方豪族と支配の実態を描く

著者:森 公章
 
 
国際交易と古代日本

国際交易と古代日本

国家・社会の展開と国際交易者の関係を描く

著者:田中 史生
 
秦河勝

秦河勝 267

飛鳥時代を生きぬいた聖徳太子の側近の生涯

著者:井上 満郎
 
 
倭国と渡来人

倭国と渡来人 199

「日本史」像を揺さぶる東アジア交流史

著者:田中 史生
 
大和の豪族と渡来人

大和の豪族と渡来人 144

古代豪族たちの権力闘争の実態

著者:加藤 謙吉
 
 

このページのトップへ