安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 上宮聖徳法王帝説 注釈と研究

上宮聖徳法王帝説 注釈と研究

上宮聖徳法王帝説 注釈と研究

聖徳太子の伝記史料を集成した『上宮聖徳法王帝説』の最新注釈書。古代研究の基本史料を提示。

著者 沖森 卓也
佐藤 信
矢嶋 泉
ジャンル 日本歴史
出版年月日 2005/03/01
ISBN 9784642024365
判型・ページ数 A5・216ページ
定価 本体6,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

聖徳太子の伝記史料を集成した『上宮聖徳法王帝説』の最新注釈書。原色図版による国宝の全巻影印、校訂本文、訓読文、注釈、研究、索引から成る。日本史学・文学・語学の共同研究により古代研究の基本史料を提示する。

このページのトップへ

関連書籍

朝野群載 巻二十二 校訂と註釈

朝野群載 巻二十二 校訂と註釈

古代官人の模範文集。国司関係の文書を収録

著者:佐藤 信 監修
朝野群載研究会
 
 

このページのトップへ