安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本古代女性史論

日本古代女性史論

日本古代女性史論

生活・祭祀・家族を総合する視点から実像を解明

著者 義江 明子
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 古代史
日本歴史 > 女性史・ジェンダー・家族史
出版年月日 2007/02/01
ISBN 9784642024563
判型・ページ数 A5・388ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

古代女性史研究の転換点にたって/Ⅰ=生活と経営(古代の村の生活と女性/「刀自」考―首・刀自から家長・家室へ―/「田夫」「百姓」と「里刀自」―加賀郡傍示札における魚酒型労働の理解をめぐって―/付論1=「寺刀自」ノート―女性の労働指揮権をめぐって―/付論2=「酒を作る家主」と檀越―『日本霊異記』中巻三二話にみる「家」と経営―)/Ⅱ=祭祀の編成(刀自神考―生産・祭祀・女性―/御巫の再検討―庶女任用規定をめぐって―/「女巫」と御巫・宮人―鎮魂儀礼をめぐって―/付論1=御巫と斎王・造酒童女/付論2=女性の霊的優位性

このページのトップへ

内容説明

日本古代の女性は地域社会のなかでどのように生きたのか。〝家族〟を超えた社会的な役割を、村レベルでの女性の経営機能と国家によるその掌握を通して探る。さらに、王権祭祀における女性祭祀者の意義を考察し、〝女=聖〟という霊的優位性の観念を批判的に再検討。生活・祭祀・家族を総合する視点から、古代女性の実像を解き明かす。

このページのトップへ

関連書籍

平安時代の后と王権

平安時代の后と王権

后の権限の分析から、社会構造を捉え直す

著者:東海林 亜矢子
 
日本女性史

日本女性史

女性だけの共同執筆による初の女性通史

 
 

このページのトップへ