安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代蝦夷からアイヌへ

古代蝦夷からアイヌへ

古代蝦夷からアイヌへ

蝦夷の文化的変容を、考古学と文献史学から考察

著者 天野 哲也
小野 裕子
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 古代史
出版年月日 2007/03/01
ISBN 9784642024570
判型・ページ数 A5・432ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ=蝦夷社会の展開―文献史学からのアプローチ―(渡嶋エミシの朝貢とその展開…武廣亮平/八世紀における蝦夷呼称の変化の問題―天平の陸奥国産金をとおして―…関口 明/「北の古代末期防御性集落」の成立・発展・消滅と王朝国家…斉藤利男/延久二年合戦について…樋口知志)/Ⅱ=蝦夷社会の形成と変容―考古学からのアプローチ―(擦文文化の形成過程…宇部則保・八木光則・塚本浩司/王朝国家期の東北北部社会…三浦圭介・井出靖夫・齋藤 淳・伊藤博幸/擦文文化からアイヌ文化へ…天野哲也・澤井 玄・鈴木 信・小野裕子)

このページのトップへ

内容説明

東北北部と北海道にあった蝦夷(えみし)は、北進するヤマトの古代国家と相対する中で、どのような文化的変容を遂げたのか。渡嶋エミシの朝貢、延久二年合戦、環濠集落の機能、擦文文化の形成と終焉など、考古学と文献史学の両面から考察。古代「エミシ」の実態と、中世「エゾ/アイヌ」への変化の経緯から、アイヌ文化の本質と形成史に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

モノから見たアイヌ文化史

モノから見たアイヌ文化史

「モノ資料」が語る蝦夷地の歴史!

著者:関根 達人
 
蝦夷と城柵の時代

蝦夷と城柵の時代 3

蝦夷社会と古代国家の交流と軋轢を描く

著者:熊谷 公男
 
 
中近世の蝦夷地と北方交易

中近世の蝦夷地と北方交易

アイヌと和人に光を当て「蝦夷地史」を提唱

著者:関根 達人
 
アイヌ語の世界

アイヌ語の世界

文法・系統・口承文学をわかりやすく解説

著者:田村 すゞ子
 
 
古代蝦夷

古代蝦夷

実像に迫り、北日本古代史を解明した名著

著者:工藤 雅樹
 
古代蝦夷を考える

古代蝦夷を考える

なぜエミシ・エゾでなくエビスと呼ぶのか?

著者:高橋 富雄
 
 
エミシ・エゾからアイヌへ

エミシ・エゾからアイヌへ 273

古代~現代までアイヌはどうみられてきたか

著者:児島 恭子
 
田村麻呂と阿弖流為

田村麻呂と阿弖流為

二人の英雄の征服と抵抗の歴史!

著者:新野 直吉
 
 

このページのトップへ