安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 遣唐使と古代日本の対外政策

遣唐使と古代日本の対外政策

遣唐使と古代日本の対外政策

外交儀礼、留学生、唐文化の移入など、全容に迫る

著者 森 公章
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 古代史
出版年月日 2008/11/01
ISBN 9784642024709
判型・ページ数 A5・348ページ
定価 本体11,500円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

第一部=遣唐使の研究(遣唐使が見た唐の賓礼/大宝度の遣唐使とその意義/遣唐使の時期区分と大宝度の遣唐使/七世紀の国際関係と律令体制の導入―永徽律令の将来時期をめぐる憶説―/遣唐使と唐文化の移入/漂流・遭難、唐の国情変化と遣唐使事業の行方/菅原道真と寛平度の遣唐使計画)/第二部=朝鮮諸国との関係(賓礼の変遷から見た日渤関係をめぐる一考察/日渤関係における年期制の成立とその意義/承和度の遣唐使と九世紀の対外政策/加耶滅亡後の倭国と百済の「任那復興」策について/「海北」から「西」へ―倭国の朝鮮諸国認識と国家体制

このページのトップへ

内容説明

古代日本の外交に重要な役割を果たした遣唐使。その外交儀礼をはじめ、大宝度の遣唐使の意義、留学生の活動と唐文化の移入、菅原道真の遣唐使計画など、最新の研究成果をもとに、遣唐使の全容を多彩な視点から解明。さらに渤海や新羅、百済、加耶など、広く朝鮮諸国との通交にも説き及び、古代東アジアにおける日本の対外政策の全体像を描き出す。

このページのトップへ

関連書籍

日本古代の交通・交流・情報 2

日本古代の交通・交流・情報 2

文学作品や記録から旅と交易の実態を再現

 
国際交易と古代日本

国際交易と古代日本

国家・社会の展開と国際交易者の関係を描く

著者:田中 史生
 
 
吉備真備

吉備真備

入唐留学19年、時代と共に異数な生涯描く

著者:宮田 俊彦
 
 

このページのトップへ