安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 鎮西御家人の研究

鎮西御家人の研究

鎮西御家人の研究

豊富な史料を駆使して論じつつも、史料解釈による歴史叙述の限界の打破を試みたユニークな研究書。

著者 瀬野 精一郎
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 1975/01/01
ISBN 9784642025126
判型・ページ数 A5・548ページ
定価 本体8,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

鎮西武家統治機関の性格規定、鎮西下向東国御家人の網羅的抽出、松浦党など在地御家人の発展変質、蒙古襲来の社会的影響を豊富な史料を駆使して論じつつも、史料解釈による歴史叙述の限界の打破を試みたユニークな研究書。

このページのトップへ

関連書籍

鎌倉幕府と鎮西

鎌倉幕府と鎮西

鎮西における時代の推移と地域の特質を解明

著者:瀬野 精一郎
 
 

このページのトップへ