安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代国家の土地計画

古代国家の土地計画  これから出る本

条里プランを読み解く

古代国家の土地計画

一町四方の地割と位置を示す条里呼称を合わせた「条里プラン」の成立と展開・改変過程を探る。壮大な古代の土地プランの実態に迫る。

著者 金田 章裕
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 古代史
出版年月日 2017/12/05
ISBN 9784642083287
判型・ページ数 4-6・264ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 未刊・予約受付中
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/律令の土地制度と条里プラン(都城の土地計画―平城京の都市プラン/律令の土地制度/条里プランと班田図/条里呼称法/「条里制」と条里プラン)/古代寺院領と条里プラン(古代寺院の土地領有/大和国額田寺の寺辺領/初期の弘福寺領/讃岐国山田郡弘福寺領と条里プラン)/初期の東大寺領荘園と条里プラン(東大寺領荘園図/東大寺領の越中国諸荘園/阿波国の東大寺領)/寺領荘園・条里プランと担当者(寺領の占定手続きと検田/条里プランと校班田使/条里プランの完成時期)/尾張国の条里プラン(条里プランの展開/尾張の条里研究史/条里プランの機能変遷)/尾張国の条里地割(尾張の条里地割と地形環境/地籍図と旧版大縮尺図/島畑の成立と展開/尾張の条里地割分布/小条里地割区)/結びに代えて―ある竿師の物語/あとがき/参考文献

このページのトップへ

内容説明

古代の土地制度は、碁盤の目と称される方格状の都市計画と、「条里」と呼ばれる方格網を基準とした農地管理を特徴とする。一町四方の地割と位置を示す条里呼称を合わせた「条里プラン」の成立と展開・改変過程を、残された国衙の台帳や土地証文、寺院の帳簿、荘園絵図、現在の地形などから探る。一部現在まで遺構の残る古代の土地プランに迫る。

このページのトップへ

関連書籍

古代の都市と条里

古代の都市と条里

都城や地方都市などの最新の発掘成果を解説

 
条里制

条里制 17

条里制を生産力の問題として社会関係を追究

著者:落合 重信
 
 
古代都城の造営と都市計画

古代都城の造営と都市計画

平城京の基幹水路網を復元し宅地班給を分析

著者:近江 俊秀
 
律令国家と土地支配

律令国家と土地支配

班田制など土地支配を通じて特質を解明する

著者:三谷 芳幸
 
 
荘園

荘園 57

全史を大胆かつ平易に描いた荘園史の決定版

著者:永原 慶二
 
日本荘園史大辞典

日本荘園史大辞典

荘園のすべてを一冊に集大成

著者:瀬野 精一郎
 
 

このページのトップへ