安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 戦争とトラウマ

戦争とトラウマ

不可視化された日本兵の戦争神経症

戦争とトラウマ

アジア・太平洋戦争期に軍部の注目を集めた戦争神経症。様々な医療アーカイブズや医師への聞き取りから忘却されたトラウマに迫る。

著者 中村 江里
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 2017/12/15
ISBN 9784642038690
判型・ページ数 A5・330ページ
定価 本体4,600円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 戦争とトラウマの記憶の忘却/総力戦と精神疾患をめぐる問題系(兵員の組織的管理と軍事心理学〈軍隊と心理学/戦場心理・戦争心理研究/小括〉以下細目略/戦争の拡大と軍事精神医学/戦争の長期化と傷痍軍人援護)/戦争とトラウマを取り巻く文化・社会的構造(戦場から内地へ―患者の移動と病の意味/一般陸軍病院における精神疾患の治療―新発田陸軍病院を事例に)/〔補論〕戦争と男の「ヒステリー」―アジア・太平洋戦争と日本軍兵士の「男らしさ」/誰が補償を受けるべきなのか? ―戦争と精神疾患の「公務起因」をめぐる政治/アジア・太平洋戦争と元兵士のトラウマ―地域に残された戦争の傷跡/終章 なぜ戦争神経症は戦後長らく忘却されてきたのか?

このページのトップへ

内容説明

アジア・太平洋戦争期に軍部の関心を集めた戦争神経症。恐怖を言語化することが憚られた社会で患者はどのような処遇を受けたのか。また、この病の問題はなぜ戦後長らく忘却されてきたのか。さまざまな医療アーカイブズや医師への聞き取りから忘却されたトラウマを浮かび上がらせ、自衛隊のメンタルヘルスなど現代的課題の視座も示す注目の一冊。

このページのトップへ

関連書籍

日本の軍隊を知る

日本の軍隊を知る 8

改めて軍隊を考えるための知識を集成する

 
軍隊を誘致せよ

軍隊を誘致せよ 370

軍隊と都市との共存関係を歴史的に解明する

著者:松下 孝昭
 
 
徴兵制と近代日本

徴兵制と近代日本

徴兵令制定~兵役法廃止まで70余年を辿る

著者:加藤 陽子
 
近代日本の徴兵制と社会

近代日本の徴兵制と社会

徴兵制はどう近代社会に受け入れられたか

著者:一ノ瀬 俊也
 
 
学徒出陣

学徒出陣 43

戦争を生き戦争に散った学徒たちの記録

著者:蜷川 壽惠
 
銃後の社会史

銃後の社会史 203

社会は戦争をどう支えたか

著者:一ノ瀬 俊也
 
 
大元帥と皇族軍人 大正・昭和編

大元帥と皇族軍人 大正・昭和編 429

天皇と皇族軍人の同調と不和の構図を追う!

著者:小田部 雄次
 
大元帥と皇族軍人 明治編

大元帥と皇族軍人 明治編 424

天皇はいかに国民皆兵のシンボルとなったか

著者:小田部 雄次
 
 
強制された健康

強制された健康 100

身体のファシズム。医療と厚生の戦争動員。

著者:藤野 豊
 
看護婦の歴史

看護婦の歴史

今日の看護の労働実態の根源に迫る。

著者:山下 麻衣
 
 
日本医療史

日本医療史

人間は病といかに闘ってきたのか!

著者:新村 拓
 
Q&Aで読む日本軍事入門

Q&Aで読む日本軍事入門

日本の平和と安全を考えるための格好の手引

 
 
日本軍事史年表

日本軍事史年表

約5000の項目から、戦争と平和を学ぶ!

 
アジア・太平洋戦争辞典

アジア・太平洋戦争辞典

戦後70年。あの戦争とは何だったのか?

 
 

このページのトップへ