安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 室町期顕密寺院の研究

室町期顕密寺院の研究  これから出る本

室町期顕密寺院の研究

東寺と東大寺は室町期の政治・社会状況にいかに対応したか。幕府権力を背景に影響力を発揮した貴種僧などから寺家運営の実態を解明。

著者 西尾 知己
ジャンル 日本歴史 > 中世史
宗教史 > 仏教
出版年月日 2017/12/05
ISBN 9784642029438
判型・ページ数 A5・356ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 未刊・予約受付中
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 本書の問題意識と内容/室町期東寺寺僧集団の変容(南北朝期から室町期の東寺長者と三宝院門跡〈長者補任状況の変遷にみる有力門主層の動向/東寺長者と三宝院門跡〉/南北朝後期から室町期における東寺衆中の変容〈南北朝前期の常住僧と他住僧/南北朝後期の常住僧・他住僧をめぐる対立/室町期における衆中の構成とその特質〉/室町期東寺衆中における常住重視の進展と矛盾〈臨時祈祷・灌頂院御影供と常住僧/常住重視にともなう矛盾〉以下細目略/室町期東寺衆中における宿老・若衆)/室町期東大寺寺僧集団の変容(東大寺衆中の本寺意識高揚と弘安徳政/室町期東大寺の寺家運営と学侶方/室町期の足利氏・東大寺西室と南都/室町・戦国期の東南院と九条家・東大寺衆中/終章 中世後期顕密寺社の構成と機能

このページのトップへ

内容説明

中世前期の顕密寺院研究で重要な位置を占めた東寺と東大寺。在地に強い基盤をもたなかった両寺は室町期の政治・社会状況にどのように対応したのか。室町幕府の権力を背景に寺内で影響力を発揮した貴種僧や、自立的な経営をめざした学侶衆中の活動から寺家運営の実態を追究。組織内の変化を解明するとともに幕府権力の動向との関わりを描き出す。

このページのトップへ

関連書籍

日本中世の権力と寺院

日本中世の権力と寺院

六波羅の実態から幕府権力のあり方を解明

著者:高橋 慎一朗
 
 
中世南都仏教の展開

中世南都仏教の展開

僧侶と寺院の動向を検証し、その実態に迫る

著者:追塩 千尋
 
日本中世仏教史料論

日本中世仏教史料論

聖教、東寺文書、一切経、往生伝などを分析

著者:上川 通夫
 
 
日本中世の国家と仏教

日本中世の国家と仏教

新旧仏教を含めた中世仏教の全体像を再構築

著者:佐藤 弘夫
 
 
事典 日本の仏教

事典 日本の仏教

日本人は仏教をどう理解し実践してきたのか

著者:蓑輪 顕量
 
日本仏教史 中世

日本仏教史 中世

多数の写真を配し、平易に叙述した入門書

著者:大隅 和雄
中尾 堯
 
 
日本仏教史辞典

日本仏教史辞典

仏教の歴史と思想の〈精髄〉を読み解く

著者:今泉 淑夫
 
 

このページのトップへ